沖縄県宮古島のそば屋久松製麺所からスタンダードな宮古そば、ソーキそばはもとより、地元特産品を取り入れた“がんずうそば”も販売中!!
久松製麺所/ご利用ガイド 久松製麺所/お支払い方法 久松製麺所/特定商取引 久松製麺所/個人情報保護法 久松製麺所/レシピ集 久松製麺所/リンク
久松製麺所/ホーム 久松製麺所/商品一覧 久松製麺所/じんく屋 久松製麺所/会社概要 久松製麺所/お問い合せ
沖縄そばの歴史

沖縄そばQ&A

久松製麺所/おすすめ商品
 宮古そば5食セット
 宮古そば3食セット
 ソーキそば3食セット
久松製麺所/FAXでの御注文はこちら
 
〒906-0015
沖縄県宮古島市平良字久貝1067-8
定休日:年中無休
TAL:090-3796-9323
FAX:0980-73-1380
お問い合わせ
久松製麺所/「沖縄そば」ロゴマーク


沖縄そばの歴史


沖縄そばの歴史


沖縄の食文化の歴史と伝統を語る上で欠かせない「沖縄そば」・県民ばかりでなく、観光客や
県外にも多くのファンを持つ。 だが、そのルーツははっきりしていない。


確かな記録はありませんが、「沖縄そば」のルーツは中国から450年前〜500年前に伝来され
た麺と言うのが定説となっている。中国からの使者をもてなす料理、あるいは琉球王国宮廷料
理として王族、貴族など一部の特権階級に限られた食べ物であったようです。


古い新聞や雑誌の広告を手掛かりに調査の結果明治40年頃には、沖縄そばとしての味が定
着したと考えられる。その長い歴史の経過とともに、先人達により麺や具材、ダシにいろいろ改
良を重ね育まれた結果新たなジャンルに進化を遂げた独自の食文化として県民に最も親しまれ
ている食として定着している。


沖縄そばは、その呼称も明治期の「唐人そば」「支那そば」から大正期に「琉球そば」と改称
され、「沖縄そば」の呼称が一般化したのは戦後になってからである。
今日では地域ごとにその地の名を冠して与那原そば泡瀬そば名護そば宮古そば
八重山そば久米島そばなど・・・各地域に根ざした独自の進化を遂げている。
【地名のついたそばは最初、与那原そばで、すでに大正12、3年頃からあり、当時は
与那原ヌすば」と称されていたようです。】


そばは、具によりさまざまな名称がある、例えば肉そばソーキそば野菜そばテビチそば
ゆし豆腐そばフーチバー(ヨモギ)そばなど消費者のニーズにこたえたかわり種のそばも
人気である。さらに具だけではなく、麺自体にゴーヤーやヨモギなどの野菜を練りこんだものも
登場し、そのバリエーションを拡げている。しかしその一方で、昔ながらの沖縄そばの味が見
直されていることも事実だ。木灰や手打の麺作りを打ち出す店も増えてきている。


1972年の沖縄本土復帰後、1976年設立されたばかりの「沖縄県生麺協同組合」に対し、
公正取引委員会からのクレームがついた。生めん類公正取引規約では「そば」の名称を表示
できるのは、蕎麦粉を3割以上使用していること』が条件であるが、沖縄そばは蕎麦粉を全く
使用していないのに「そば」と呼べるのかというものだった。


戦前から県民に長く親しまれてきた「沖縄そば」を「そば」と呼べなくなる、沖縄の伝統・慣習
を守ろうと沖縄生麺協同組合が立ち上がり、交渉の末1977年沖縄県内だけに限ると言う条件
付きで「沖縄そば」の名称が許可された。


その後、全国生めん類公正取引協議会への特殊名称として「本場 沖縄そば」が登録され、
これを機に1978年10月17日、生めん類の表示に関する公正競争規則で別名に名産・特産
本場等の表示することとして正式に「本場 沖縄そば」として認証された。


これにより、沖縄そばの名称は全国使用が認められ、沖縄そばが全国麺類名産・特産品
に認められた記念すべき日として「10月17日」は「沖縄そばの日」としたのである。


沖縄そばは原料、熟成、麺の太さにいたるまで、12の定義を設けている。
一つでも欠けているものを「沖縄そば」として表示してはいけない。

                                      沖縄そばQ&A

HOME商品一覧じんく屋会社概要お問い合せご利用ガイド
お支払い方法特定商取引個人情報保護法
お買い物カゴを確認するリンク

〜久松製麺所/お食事処じんく屋〜
 〒906-0015 沖縄県宮古島市平良字久貝1067-8 TEL(0980)72-4255 FAX(0980)73-1380

 ※このサイトへ掲載している記事・写真等の無断転写を禁止します Copyright(C)2008 久松製麺所All Rights Reserved.